スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重増加

うーん。体重計に乗ってみると夏場より約2.5kg増加
こりゃいかん。確かに秋口から食べてるよなあ。
しかし、筋トレもしているので筋肉も増えているはず、
そして筋肉の比重は脂肪より重いはずって、
夏場そんなに脂肪はないので、やっぱりどちらにしても
身体は重い。
しかし寒さに弱い私は食べずにはいられないわけで、
ハーブの先生とその件について話す。
彼女の見解はとても面白い。
「人間も動物だから冬の寒さに向けて脂肪を蓄えようと
するのは仕方ないですよ。逆に苦みのあるものばかり食べて
身体に春が来たって思い込ませるのはどうでしょう!
タラの芽なんておいしいですよ。」
さすがうちのハーブの先生はマニアックです。
苦みかあ。アーティチョークのお茶でも飲み続けてみようかなあ。
肝臓にもいいしね。
スポンサーサイト

運動三昧

このところIFAのことなんかで自分のなかにストレスの
存在を感じる。
ふだんそうでもないだけに。
こういう時はストレス払いのおまじないではなく
現実的に運動する。というわけで、朝ヨガ約1時間半、筋トレ30分、水泳30分
自分の中では一番発散できるコースを作ってみました。
それでももやもやしてる時は…
飲みに行きますか

あほ仲間

あほ仲間と久しぶりに食事にいった。
自分のことをかえりみず、他人のために悩んだり、
頑張ったりする。
それがあほ。
でもその頑張りが実は自分のためのうちはまだまだあほに
なりきれてない。
あほというのは本当に自分のことそっちのけで
他人のために時間を使える人。
しかし、あほの三か条はクリアーしてほしい。

条件一.あほであるために他人と自分はくらべない。
条件二.あほであるためにあほにあほと言える。
条件三.あほであるために自分の健康管理はしっかりする。
以上。
あほ仲間からの提言でした。

栄養学の授業

栄養学の授業を聞いていてつくづく
人間ってたいへんやなあと思います。
従属性生物である哺乳類の私たちは
摂食しないと生きてはいけないわけで、
もちろん点滴でもある程度は生きていける
わけですが、食べる喜びにどの程度価値を置くか、
食べることは本能なわけですから、
性(さが)といいますか、
そこから逃げることはできないわけです。
食と睡眠という性を失うと生きていくことが
できません。
どうつきあっていくか、一生続くわけです。
年を重ねると昔のようにご飯食べたけど
別腹でケーキを…というわけにもいかなくなります。
それに慣れるまでしばらく時間がかかります。
あれ、自分の体変わってきてる。昔みたいに
たくさんたべれない。それはいろんな反応で
でてくるわけです。
気分がわるくなる。胃もたれする。
女性にとって望ましくない、消化はするけど脂肪に代わる。
というやつです。年齢とともに基礎代謝も落ちているわけですから
むかしと同じ量を食べていたら当然脂肪がついてきます。
消化器系の丈夫なタイプに多いのかもしれません。
それならその分運動しようよというところですが、
それも続けられる方ばかりではありません。

最近は食べるものを選ぶようになりました。
贅沢ですが、一食一食何を食べるか吟味します。
あれもこれもは無理なわけですから、
本当に食べたいもの、おいしいと感じるもの(高価なものという意味でなく。)
をほどほどにいただくのがいいのだと思います。
と、そんなことを体感する今日この頃です。

イタリアンを食しつつ考える。

打ち合わせも兼ねて行ったイタリアンの店、
町屋を改装した雰囲気の良いカジュアルイタリアンで
店構えもメニューも店員さんの笑顔もよい雰囲気でした。
たまたま座った隣の席は親子連れのご夫妻2組で、小さなお子さんがぐずぐず
していましたが、8時を過ぎると泣き始めたのです。
しばらく我慢していましたが、店はそう混んでいるようでも
なかったし、店員さんの数は十分でその様子もみていました。
私は席の移動をもうしでました。
店員さんはもちろんスマートに対応してくれました。
ご夫妻2組は申し訳なさそうに「すいません」おっしゃいました。
私は「ごゆっくり」と返して2階の席へ移動しました。
その後は食事も全部いただいてとても良い時間を過ごしました。
お店は高級ではなく(失礼)素敵なカジュアルイタリアン
最終的に私が席の移動を申し出ましたが、
これってわがまま?
さて、あなたならどうしますか?

おみやげ…

おみやげいただきましたー
まずやハーブの先生から…小豆島へいかれたそうでオリーブのお茶です。
色は美しいみどりで緑茶の感じというか、私はネトルの味に似てるような
気がしました。
一つ一つひも付きの△ティーパックになっていて、
しばらく置いていると苦味成分がでてきてとても苦く
なりますが、一杯目はおいしいです。
食事の時に飲むのもよいかも、写真は袋をあけてから撮影したので
ごめんなさい。

写真
こちらは奄美大島のお土産、アシスタントをしてくれている
卒業生の文子さんからです。
体育会系の彼女はダイビングにサイクリングに
普通の人の趣味のいきはちょっと超えて行動的です。
いただいたのは奄美大島の黒糖を使ったお菓子三種。
他の二種はすでに生徒さんや私の胃袋へ…
かりんとうだいすきなんですよね。黒糖も…
成分表示をみてみると三種類とも…小麦粉・黒糖・植物油…
カタカナのなんちゃらかんちゃらは一切はいってないものばかり
昔ながらの素朴なお菓子はやっぱりいいと思います。
お二人とも本当にありがとうございます。
なんだか旅にでたくなりました。

写真 6

ぬか床3


その後ぬか床は順調に成長していたはずだが...
夏休み実家に帰って帰宅してみると若干いつもと違う香が、
それでも混ぜると香は気にならなくなった。
1日なすびをつけて食してみる。

うん??おいしいけど味が薄い。
これか...
料理名人がぬか漬けを仕込んでいる様子を
思い出してみるとかなりの量の塩を使っていた。
私は塩分控えめをこころがけていたので、
野菜に塗りこむ塩を控えていた。
よく考えると何度もなまぬかを加えているわけだし
野菜に塩分が移っているので
ぬか床の中の塩分はうすくなっているはず。
塩は防腐効果もあるわけだからきっとこれやと
さっそく塩を多めに加えてなすびを漬けてみた。
明日どうなっているか、楽しみ。

ぬか床2

ぬか床が定着してきました。
一度失敗した時と何が違うか…それは
思い入れです…
いやいや思いだけでなく。
具体的な考え方です。
ぬか床はぬか漬けをつくるものでした。
そしてぬか漬けを作ろうと思った理由は私の料理の師匠
の漬けるぬか漬けがおいしかったこと、
そして市販のぬか漬けはそれと比べると
味のわりに高価だと思っていたこと。
そこのところは今も変わらないのです。

変わったところはぬか漬けに対する価値感です。
ぬか床を維持するのは手間がかかると頭では
わかっていましたが、
実際自分でぬか床を作ってアンモニア臭がでるまで
ほったらかした失敗してみて、
その手間を体験することで
ぬか漬けそのものが料理の付け合せでなく独立した一品として
考えられるようになったのです。

なので、以前は安い野菜を見つけたらぬか漬け用に
購入するという感じだったのですが、
最近はぬか漬け用に野菜を買うという感じに
頭が切り替わりました。
この転換ってすごいですよね。と、思うのは
わたしだけかしら。

まあ、その転換が再転換しないよう気長にやります。
今日は瓜をつけてみましたよ。

Image408_20100615091246.jpg

ぬか床

昨年失敗したぬか床…
今年こそは…と、スタートしました。
野菜のくずがたっぷりでたので、
捨て野菜として漬け込みます。
2日くらい、は混ぜるだけ。
3日目からまずはきゅうり。
翌日の漬かり具合は少々辛い。
翌日再度きゅうり、ちょっと漬かりすぎかな?
ぬか床は冷蔵庫へ。
そしてだいこんも漬けてみました。
明日が楽しみ。
今年こそは夏を越して長年頑張れる
ぬか床を育てます。

ベジレストラン

大阪のアロマ仲間とお会いすることになり、
ランチ!!どこにしましょうか?
ということで懐かしいベジレストラン「グリーンアース」さんに
行ってきました。
本町駅からすぐなんですが、南船場でサロンをしていた頃は
本当によくうかがいました。何年ぶりやろ?
と、ほとんどかわりなく、
相変わらずちょっと無愛想そうに見える(ごめんなさい)
ご主人かな?と、笑うと素敵な奥さんがいらっしゃり。
黒米、サラダ、豆腐と木の子のあんかけ、かぼちゃのサラダの
ランチとコーヒーをいただきました。
帰り際お菓子のコーナーを覗いていると
奥さんがかぼちゃのマフィンが焼きたてよ。
と、声を掛けてくださいました。
そして、私の顔を覚えてくださっていました。ちょっと感動。
仲間との話しも盛り上がり、マフィンを数種類購入し
あーきてよかった。
またうかがいますね。
現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。