スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

unlucky ⇒ lucky

お店からの帰り道、地下鉄に乗って梅田まで来てから携帯電話を忘れて来たことに気がついた。
お店を出てから約20分…ぐやしー戻らなきゃ。
どうして私って忘れ物多いのかしら、おっちょこちょいだし、
明日は定休日だからやっぱり戻らなきゃ…と自分を責めつつ
反省しつつ、腹をたてつつ、お店に到着。

あったー携帯電話をピックしてお店をでて再び急いで歩きだした。
あー30分以上ロスタイムや、無駄な時間を使ってしまったー

+ Read More

スポンサーサイト

ハウルは男前


ご予約が急にキャンセルになり、早く帰宅したので
遅れていますが、DVDで「ハウルの動く城」を観ました。
宮崎駿監督の作品は好きでもなく嫌いでもなく、
周りにはとっても大好き。という人とすきじゃない?という人が
いるのですが、私はやっぱりどちらでもない。
けれど、映像はすごくきれいで。

今回は高齢者と若くきらきらした人達とのコントラストが
鮮烈に残っている。

好きなきゃらは魔力を失ってからの「荒野の魔女」
おるおるこんなおばあちゃん。
悪びれることなく皆をこまらせたり、手伝ったり。

誰かが言ってたっけ?
歳をとるということは体力がなくなっていくということだけど、
最低限の体力で生きていけるようになると。
いわゆるエコ人間???

年寄りは醜いなんてことはない。
醜いと感じるとしたらそれはその人の生き様であって
年寄りがみにくいわけではない。
年を重ね、経験を重ねることは美しいことのはず。
人格という作品を作る芸術といってもよいと思う。

元気で明るい年寄りになりたいなあ。

こころのマッサージ

今日は感動的な1日だった。

自分なりの目標を作ることは大事なことだと思う。
それが漠然としていたとしても目標を作っていると自然と
その方向へ動き出すのかもしれないなあ。
そしてそういう人達と出会っていく。
面白いものだなあと思う。

感動すると泣けることがよくあるが、泣くことも大事。
そこにはストレスで過剰になったホルモンが含まれているし、
なにより、固くこわばった筋肉をマッサージするような感じで
こころのマッサージをしている感じがする。
そうするとこわばって固くなったこころが
情緒豊かになって、柔軟になる。

こころのマッサージもできればいいなあ。と思う。


好きな香り

アロマセラピーに関わっている人って好きな香りがあるのかしら。
私も大好きな香り、精油があります。
精油はどれも好きだけれど特に大好きな香りがあります。
なぜその香りが好きか?きっかけがあると思うのですが、
どうしてもそれが思い出せません。
その香りに包まれていたくらい大好きです。

クライアントさんでお1人私と同じ香りが好きという方がいらっしゃいました。
精油をお分けしたので、部屋にその香りがして幸せな気持ちと、メールをいただきました。

そう、好きな香りができるともれなく幸せがついてくる。
クライアントさんと精油を取り持つことが私たちの仕事。

腹筋

最近なかなかヨガに行けてない…(>_<)
しかし、せっかく鍛え始めた腹筋をみすみす、消滅させるのもくやしいので、腹筋と背筋は欠かさない。
腹筋・背筋のメニューは約20分その後30分はヨガのポーズをとる。
実際始めて間もない私だが、こうするとこの辺が伸びてきもちいいーというのを呼吸をしながらやってます。
継続とはすごいもので、最初のころとは比べものにならないほど
体は曲がるし腹筋しても息があがらない。

そうなると人間欲深くて次のポーズにチャレンジしたくなる。
そんなことしてたら1日中ヨガしとかなあかんやんかあー
ってことで、程ほどにしとかないと、仕事にさしつかえそうですね。

セラピストを本気にさせる。

よくきてくださるお客様で「スペシャルメニュー」をという方が
いらっしゃる。
特にメニュー表に載っているわけではなく、その方のその日の体調や希望に合わせて手技を組んでいく。
こういうお客様を受けるのはスリリングだが、やりがいがある。
本来トリートメントとはそういうものじゃないのかなあ。

同じ時間内でどんな症状の人にも全く同じ手技でというのはいいんだか
悪いんだかわからないけど、一長一短かしら。と思う。

そのお客様のすごいところは、セラピストを本気にさせてしまうところで、セラピスト側としても、「90分のリラックスコースをお願いします。」と事務的に言われるより、「ちょっと全身だるいし、何かスペシャルメニューでだいたい90分ぐらいで。」とリクエストされると
その瞬間頭の中がフル活動しだす。
信頼されてるなーという気持ちと信頼を裏切れないぞーという気持ちで
これまでのそのクライアントさんの経緯を考えて、
ベストなメニューを組み始める。うー1分以内に答えをだす。
セラピストの手腕のみせどころかも。。。
それですっきりして帰ってくだされば、もう両者とも至福の思いで1日を終了できる。

これがトリートメントの醍醐味かしら。

やがて悲しきtofu-shop…

前から気になる豆腐屋さんがある。 
かなり古い豆腐屋さんで店構えも昔風で決してきれいな店とは言えない。
というかきれいではない。
お客さんが入ってるのも一度しかみたことがない。
夏に一度豆腐を買ったことがある、一丁150円からでまあまあおいしい。
正直いって京都という土地柄かスーパーにも豆腐の種類が多く、
150円以下でもそこそこおいしいのが売っている。
そしてこの店の近くにもスーパーが2件あって、安い豆腐が売っている。
こんな状態でお店は大丈夫なのか…と結構心配していると…
看板には「○○小学校給食指定云々」と書いている。
なるほど…

+ Read More

偉大なる月桂樹

近しい友達の誕生日だった。
プレゼントは前から用意していたのだが、
問題は食事の用意を私がすることになったことだ。
料理は嫌いではないが、得意ではない。

話題の牛肉でビーフストロガノフを作ることにした。
国産牛肉は高価で手がでない。
オージービーフで妥協しよう。
私は肉はほとんど食べないので、久し振りに肉を購入した。

煮込み料理をする時には、月桂樹の偉大さを感じる。
とにかくあるとないでは大違い、
ローレルの精油も大好きだ。
オリンピックの王冠になる価値あり。???

関西リーフクラブ

8年程継続しているボランティアがある。
三ノ宮まで月一回、高齢者施設にカラーセラピーとアロマセラピーのコラボボランティア。スタートしたころは他のセラピーのコラボが斬新な気がしたが、なんと、今でも斬新だと思っている。

+ Read More

メールマガジン

今月の初めから「アロマセラピーのKOKORO」と題して
メールマガジンをはじめた。
アロマの話をよくする数名の友人から「そのマニアックな話でメールマガジン」をしてみたら?といわれた。
マニアック?「んなことないよー」と反撃したものの、
全否定もできず、文章を書くのは嫌いではないし、
最近のアロマ事情に疑問を感じているわけだが、
内輪でぶつぶつ言ってても仕方ないなあ。
と思っていたところだった。

そういうわけで、気合をいれて初めてみたのだが、
これがなかなか難しい。
1つだすのに、何度も何度も書き直して、
考えをまとめていく、大事なのは何を言いたいか。
なわけだから、そこを絶対にぶらさないように、
とか難しく考えても大変なので、自然体で書いてみることにした。

そしたら自然とスタイルがまとまってきて、
月刊誌のつもりが、月2回くらいはだせそう。

本日vol.2を発行しました。よかったらご購読してみてください。
このページの左から登録できます。
そしてご意見もお待ちしております。

特別な場所2

アオミドリに通ってくれているクライアントさんは
よいクライアントさんばかりで、
よいという表現が妥当かどうかわからないが、
前向きな方が多い。

ただ、なんとなくリラックスしたくて、という方はあまり継続的に通われない。
というのは、そういう方は色んなところで、色んな施術を受けて、
効果云々ではなく、目新しくて気持ちよいというのが前提のようだから。

+ Read More

第一印象

第一印象は最後まで信じるべき。
私自信は1人の人間と比較的気長に付き合えるタイプだと思う。
何年もかけて友達になったり、親睦を深めていける。
そう言うプロセスの中で何度もターニングポイントがあったりする。
第一印象がすごくよくって1年友達として付き合っているうちに
「こんなタイプじゃないと思ってたのに…」とか、
なんか「違うよねー」と感じる時、ありゃ私の第一印象って
あてにならんなーと思う。
しかし、そこからまたまたターンする。
やっぱ、「いいやつやん!」と…

逆もある、第一印象が悪い人に「案外いいやつ…」と思って
半年後、「いや、やっぱりあかん。」系

今のところほぼ95%の確率で当たる。
後の5%は今進行中。

自分の感覚信じないで何を信じる。
という話を今日はクライアントさんとしていました。

特別な場所

南船場のアオミドリは便利な場所にある。
マンションの前の通りはブティックだらけなのに、
部屋に入ると別世界になる…と、思う。

オープンしてそろそろ3年になるが、部屋に一歩入ると
色々な精油の香りがする。
広いluxuryな部屋とはいえないが、
トリートメントに必要な最低限のものを、コンビニエンスな
間隔ですべてそろえている。

最近強く感じるのはこの空間でクライアントさんと対面していると
ある部分の感覚がとても敏感になる。

その感覚はなんと表現したらいいのか…
怪しい感覚ではなく、本質が見えるというか
本質を感じる感覚で、いつもいつもでてくるわけではない。
何かがぴたっとそろうと、感じるような気がする。
なんでしょうねー

集団の中に入る面白さ…

人が集まると、会社なり、組織なり、グループができる。
何か一つの目的を持って集まるのだが、
いつの間にか、階層や派閥ができてその内外を右往左往
するうちに、駆け引きに消耗して本来の目的そっちのけで、
定年退職したりしたら、なんか損した気分になるだろうなあ。

+ Read More

どこまで続く…

めんどくさがりの私が、まだヨガを続けている。
最近ちょうど週一度のヨガのレッスンの時間に用事が
入り、レッスン自体にはいけてないのに、
ほぼ毎日最低1日おきに腹筋やら背筋やら魚のポーズやら、
約3?40分は部屋で身体を伸ばしている。

深い呼吸のゆっくりした運動を継続することで、
いわゆる生理活性物質の増減で免疫力が上がったり、
ストレスを緩和させたり、している。
というのを身を持って体験していて、私の場合20分以上が、
目安になっている。
感じるのはセラピストはある程度自分のメンテは自分で
出来る方法を知っているべきだと思う。
ジュニパーで邪気払いだっていい。
カラオケで発声もOK。たばこと酒と摂食障害に
入り込む前にみつけよう。発散方法。

イライラしたらヨガ…
イライラする前にヨガ…
ということは…何年経っても終わりなく、継続していると思う。

少しづつ

昨年からスタッフへのトリートメントに月一回うかがていた施設で
入居者様へのトリートメントの依頼があった。
Seagreenの活動の一つの進歩だと思う。

+ Read More

人間の可能性

人間をすごく好きかといわれるとそうでもないけれど、
人間と接する仕事についている。
気づくと人のことに熱くなったりもしている。

東京のアロマプラスさんの友人がこのような活動をしていると
連絡がありました。⇒http://www.likewater-press.org/
正直言って遠い国のことなんですけど、
このHPからは主催者の熱さが伝わってきました。
自分の子供のことすら扱えない大人の多い日本人に
何ができるんでしょうね。
子供の可能性は将来のを担う人間の可能性ってこと?
私たちの可能性...ちょっと考えるべきなんだと思います。

1月21日からこんなイベントが東京で行われるそうです。
http://www.likewater-press.org/exhibition.html
もし、パンフレットを置いてくれたり、サポートしてくださる方が
いらっしゃれば連絡してあげてください。
大阪でイベントがあるときは私も必ず手伝います。

バーゲン&セール

アオミドリは南船場という場所柄ブティック形式の
洋服屋やカフェ、ブライダルのジュエリーショップや
ヘアサロン、ちょっとした雑貨屋が並んでいる。
年末からこの季節にかけては
バーゲンとセール満載で、
毎日歩いていると昨日まで30000円だったものが
15000円にーなんてことは当たり前。
プロパーの価格で買うのが本当にばからしくなることがある。
もう10日ほどするとバーゲンのバーゲンがあったりして
売れ残りの商品は30000円だったものが5,000円になってたり
することだってあるわけです。

+ Read More

出発

大親友のワンズセンスさんがNYへ出発しました。
約3週間ですが、寂しいものです。
business tripですが、リフレッシュしてきてくださいね。
いってらっしゃい。
ワンズセンスさんのブログはこちらです。
http://onessense.blog9.fc2.com/

絶対無理なこと

Hanako掲載のために作ったスペシャルメニューは
すでに数人の方にうけていただいていますが、
ご好評いただいています。

+ Read More

実を結ぶ

週一回うかがている京都のトリートメントルームでは
常連の方が根気よく通ってくださっている。

トラブルの種類は色々で、オープン当初から通ってくださっている方が
改善したいトラブルは部分的なものも多かった。
足のトラブルであったり、お肌の悩みであったり、
毎週または月一トリートメントルームでお手入れしつつ、私が提言したお手入れも自宅でこの半年継続してくださった。

+ Read More

かに

お誕生日のプレゼントに困った...
毎年渡している上に1月上旬に誕生日ってことはクリスマスから10日
程しかたってないよー
プレゼントは何にするか...
クリスマスは形に残るものを渡したので、
誕生日には消えるものを...
考えあぐねた策はやっぱり食べ物
大好物のかにを送ることにした。
かには毎年年末に北海道から送ってもらう水産会社があって、
そこのかにを食べると他のは食べられないくらい
ふっくらとおいしいらしい。
らしいというのは私自身はあまり興味がないから味わって
食べたことがない。
でも、かにの専門店で仕事をしていた友人のお墨付きなので、
安心。

誕生日の当日その会社のカタログを切り取って
リボンを貼り付けて渡した。1週間ぐらいで宅急便が届くはず。
本人はよほどうれしかったのか、そのカタログをリボンごと
カレンダーの横に貼り付けていた。

来年もカニにしよう...
とにかく毎年の悩みが一つ解消された。

プロの技

浄化ワークショップのパンフレットのデザインも
ほぼ完成しました。
昨年はレイアウトなども自分達で作成したのですが、
結局、まとまりがなかったり、誰を対象にしているか
しっかり定まっていなかったりと、
時間がかかるわりには自己満足だけで、
手作り感はあるけれど、洗練されていなかったと
思います。今年は宿坊の娘さんであり、友人である
プロのデザイナーさんにお願いしました。
はーっと昨年のパンフレットと比べてため息がでました。
やっぱり餅は餅屋ですね。

手作りはたまにして、信頼できるプロがいる時は
お願いするのが一番ですね。
出来上がりご期待ください。

七草粥

セリ・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ
最近はパックで販売されていますね。
昔は色々なところにはえていたんでしょうか?
すずなは実はカブラですずしろは実は大根なんですね。
情緒のある名前をつけますね。
なずなにいたっては実はぺんぺん草
えー子供の頃遊んでたあの草が実は薬草。

どれもお正月のごちそうたべた胃にやさしいハーブですね。

メニュー

メニューについてはいつも試行錯誤をしているのですが、
クライアントさんが興味を持つものと私が提供したいと思うものに
時々ギャップを感じることがあります。
もちろんクライアントさんの年齢やステイタスによってニーズは違うのですが、
先日更新したメニューは私が提供したいメニューを入れました。
一つの挑戦といえるかもしれないですが…

おみくじ

お店から徒歩3分に難波神社がある。
仁徳天皇をお祭りしている。
御堂筋から一本西寄りで、場所柄、
年明け初出勤日あたりのランチタイムには
周りの会社やお店の人が列をなしてお参りに来る。
そのあたり一体の氏神様ですもんね。
私も毎年お参りにいくが、今年初めておみくじをひいてみた。
やったー大吉!!家の近所の神社では小吉だったのに、
運気が急にアップしたのかしら。
でも、よくよく読んでみるとどの項目にも戒めの言葉が書かれている。
たとえば「願い事:思い通りになるが、人の恩を忘れないこと」とか、
「恋愛・縁談:良縁多し 冷静に判断すべし」
結局チャンスには恵まれるが、その選択を間違えたり、
運におぼれるとチャンスを逃すよ…ってことね。
ま、なんといっても大吉なんで一年間大事に持っておきます。

ショーック

友人がお願いしていた浄化ワークショップのチラシの原案を
郵送してくれた。
ところが、そのチラシが封筒からだされてファイルそのまま
むき出しの状態で郵便受けにつっこまれていた。
その上ファイルもなにかに擦られて破れた状態で中身は無事だったが、
チラシはファイルごと折れ曲がっていた。
これって…
どの段階でそうなったのか、まさか、郵便受けに入っていたものを
だれかが引っ張り出して中身を空けてファイルを破って
そのまままた郵便受けに入れたのか??
なぞは深まる。明日郵便局に電話してみよう。

日本酒

お正月に日本酒をたくさんいただきました。
たくさんは飲めませんが、日本酒の香りは独特の芳しい香りです。
今年は兵庫の酒と滋賀の酒が届き、絞りたてが多かったので、
ほとんどは冷やして飲むのがおすすめと書かれていました。

温度と香りの関係は密接です。温度が高いと香りがたつので、
常温や熱燗の方が香りが立っておいしいお酒と
冷酒で香りが楽しめるもの、そして常温が良いお酒、
これは結局精油と同じで揮発する温度とその濃度の問題なのかなあ。
と、考えています。

高野山から新年の映像

高野山の友人が貴重な写真を送ってきてくれました。
年越しの風景と元旦の雪景色です。
感謝

2006.01.03koyasan.jpg

お屠蘇

お屠蘇については確か昨年のお正月にもかいたような気がするのですが…
今年もお屠蘇の薬草を高野山のお友達からいただいていました。
ドライハーブの薬草酒ですね。
香りになれてない人は飲みにくいそうですが、
肉桂のほのかな香りとスパイシーさ、それから一晩寝かすことで
容器に移したお酒は空気に触れたせいかアルコールも少し抜けて、
まろやかになっているように思います。
こんなおいしいもので邪気払いや無病長寿の効果があるならお正月
以外にも飲んでみたい気がします。
こんなサイトみつけましたよ。お屠蘇について

そういえばホームステイしていた時にホストマザーが
甘めの赤ワインにシナモンや、クローブ、オレンジピールなどを
入れて暖めて風邪の引きかけに飲ませてくれたことがありました。
あれなんていう名前だったかなあ。おいしかったなあ。
現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。