スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へこむ

何度もあることだが、当日キャンセルのお客様が重なるとへこみます。
でも、皆さん悪気があるわけではなく、本当に忘れていたりするようで、
ストレスフルな状況の中、そういうこともあるだろう。
というわけで明日もポジティブに行きましょう。
明日から7月だもんね。
もうすぐ高野山かあ。
スポンサーサイト

自分の時間

このところ、食事を自分で作れる環境になり、いろんなことが変わった。
することは増えたのだが、自分で時間をコントロールできる。
昔ホームステイしていて、一人でフラットを借りて住み始めたころと
同じ心境。
自分の時間を自分で作って仕事に集中する。
何にも変えられない自由を感じる。

慣れてくれば食事を作る時間も短縮できるし、要領もよくなるだろう。
こんなことが仕事の能率にかかわるとは思っていなかったけど、
実は自分にとってはとても大事なことだった。
早く本当の意味で自由になれるよう。。。

増えてきました

京都の施設で開設してるトリートメントルームにお客様が少しづつですが、増えてきています。
マザーリーフという名前でアロマの他にも色々なサービスをしています。

お客様が増えるのはとてもうれしいことですが、
それだけ体調や、心理的な不調を持っている方が増えている
ということなのです。
私達の仕事ってニーズが増えた方がいいのかしら??
なんて疑問を持ってしまいます。

herb garden

誘われてブルーベリーフィールドというところへ行ってきた。
ハーブやブルベリーを使ったオリジナルランチが有名で、
予約をしてかなり田舎にまでいくことになった。

食事と景色はすばらしかった。
なにより感動したのはフレッシュハーブティー。
以前勤めていた老健に大きなハーブ園があったので、フレッシュハーブティーやフレッシュローズティーは飲みなれていたが、
ここのブレンドはかつてない程香り、味がすばらしかった。
レモン系のハーブ中心のブレンドはよく作っていたが、
ここにはグラム数まで決まったレシピがあると、シェフが話しをしてくれた。今度はディナーにうかがってみよう。
食前酒のブルーベリーサワーも自家製とのこと。

8月にはブルーベリーを摘めるらしい。
でも暑いだろうなあ。

少し見学できるハーブ園は少々月並みで季節柄手入れが追いついてない感はあったけれど、なかなか素敵な空間だった。
またハーブ園でお手入れの仕事がしたくなってきてしまった。

20060630171341.jpg

20060630171359.jpg

大切なもの

一番大切なものは以外と身近にあって、でもついつい後回しになってしまう。
大切なものは実は空気のようにあるもので、意識していないのかもしれない。
断食をしてみて感じたことは食というのはとても大切なもの、というかそれなくしては生きていくことも危うくなる。でも、それを意識しなくなることが大切なのだと思う。自分にとって一番良いスタイルを見つけるには時間がかかるし、対象が食でなく、人間ならばなおのこと、お互いに良いスタイルをみつけるにはとても時間がかかるだろうし、時間をかけてもお互いに最善のスタイルがみつからないことの方が多いのかもしれない。
今、大切だと思うことについては、今、考える必要があるのかもしれない。自分にとって、今、一番大切なものは常に心のどこかにあるけれど、常に考えていなくてもいいものなんだと思う。

高齢者へのマッサージ

老健で4名の利用者様に30分づつトリートメントを行った。
ベッド上で前腕と下腿をゆっくりトリートメントする。
やはり足裏は圧倒的にリラックス度が高い。
4名中2名は胃漏状態で意思疎通は計れない、後は吸入をしていたり、どの方も認知症があり、やはり通常のクライアントのようには意思疎通は難しい。快・不快を認知することもできない方もいらっしゃる。
こんな時自分の無力さを痛感する。

最近考える誰のためにトリートメントしているんだろう。

バリアフリー

近所の氏神様の脇の細い道を駅へと急いでいると、自転車を押しながらゆっくりと歩く少し病的に痩せた老人を追い越した。どうやら左脚が義足なのか不自由なようで細道を抜けると右脚で器用ペダルをこぎながら私の横を走り始めた。自転車なのにゆっくりゆっくり。その老人の横前方に4輪の電動自転車に乗った太った女性が足もとになぜか小さなマルチーズを乗せて老人の自転車と同じくらいゆっくり走っていた。
まだ若そうだし、太っているのだけでなぜ電動自転車に乗る必要があるのか??膝が悪いのか?ひどい糖尿病なのか?色々想像してみた。2人のスピードは早歩きの私と同じくらい。駅前にある消防署にさしかかると、筋骨隆々の消防士さん達が走りこみをしている。私達の誰よりも早いわけで…

ハンディキャップを個性として考えたとして、全ての人が満足できる
バリアフリーのポシビリティーってどのくらいなんだろう。って考えた。

プチセミナー

知人に頼まれてアロマのプチセミナーをすることになった。
対象は主婦の方、精油などを使って手作りの化粧品などを作りたいらしい。プロのアロマセラピスト向けではないけれど、だからこそ教えるということの責任を感じる。彼女らは子供達に精油を使いたがるだろうし、
情報より、実践を求めるだろうから、危険性についてもしっかり伝える必要がある。さて、さて、カリキュラム練り直しましょう。

なぜかパフェ

甘いものは大好き。
どうしてもパフェが食べたくなる時がある。
食べてしまった。
友人と知り合いのお見舞いへの帰り道どこかにパフェのおいしいところはないかときょろきょろ。
最終的にはファミレスかあ。とあきらめかけていると。
いかにも、ケーキやパフェがたくさんありそうな大き目のカフェを発見。
以前からあったのだが注意してみていなかった。看板にはパフェの王道がずらりとあり、イメージどおりのメニューが並んでいる。
早速入ってみると、まさしくsweet系のお店でシンプルにケーキやパフェをがっつり行きたいときにいいお店でした。
友人はチョコレートパフェ。私は豆腐と黒ごまアイスのパフェを頼んだ。
普通に豆腐がはいっているのだが、「淡雪」というデザートに会いそうな豆腐を使用しているとのこと。ちょっと小ぶりだったがあっさり、満足な味でした。友人のチョコパもイメージどおりの大きめサイズでハーフも頼めると後から知ったけれど、しっかり全部いただきました。
すっきりした?

20060623125745.jpg

○○○va

難波にあるとあるオーガニックカフェに行った。
3時も過ぎているのにお一人様OLがカレーや軽いランチを食べているのが目立った。
確かに玄米のおにぎりと具沢山みそしるや野菜カレーなど
女性が好きそう。ベジーにもうれしいだろう。
ビールはオーガニックビールがあった。
友人はオーガニックビール私は黒ミツ豆乳なるものを頼んだ。
実はラテが飲みたかったのだが、なんとラテはミルクでコーヒーに
入れるのも豆乳の選択肢はない。
なんか変?
そこで黒蜜豆乳を頼んだのだが、まさしく豆乳に黒蜜が入っているだけで、全くひねりはなく、おまけに異常に甘い。
結構高価で量も少なめ。それでも半分残してしまった。
友人曰く、「場所代、場所代」だそうです。

20060623124116.jpg

ほたる

京都の琵琶湖疏水の下流の小さな川のほとりを歩いていた。
そこは駅近で、道路のすぐ脇なのに、ほたるが現れるというので、
地域の方が「河をきれに」とか「河のそうじをしています」とか看板がかかっている。雨の前日などにはほたるが現れる。
オー見つけたー確かにぽつりぽつりと日が暮れるとまるで電球のようにポッポッとまばらだけれど光が見える。
なんてすばらしい。

でも、残念なことに年々ほたるは減っているらしい。
心無い人はどんな看板があっても川にペットボトルや空き缶を投げ捨てる。
人間は地球の害虫?って先日友人が言ってたけど確かにそうかもしれない。駆除しても駆除しても新しい能力で自然を破壊してそういう害虫の結末は以外と自らの免疫で自己破壊したりするもの。そういう病気ありますものね。

メンテナンスパス

最近やっとアロマを継続的に受け手いただけるお客様が増えてきた。
それだけ認知度が上がってきたのだろうか?
アオミドリでは回数券も発行しているが、最初の1年ぐらいはあまり利用する方が多くはなかった。
この一年ぐらいでパスの存在を知り、購入していかれる方が増えている。
4年目にしてやっと少しづつ定着してきたのだなあ。
と思うと長いような短いような。
でもすこしづつでも体調が良いというレベルでもトリートメントのよさを
理解していただけるのは本当にうれしい。

帰阪しました。

23時新幹線で帰阪いたしました。
ご予約のお電話をいただいたお客様、申訳ありませんでした。
19日より平常どおり営業いたします。

生徒さんたちから更にパワーをいただきて帰ってまいりました。
また、忙しくなります。
今年も半分が終わろうとしている。。。

コースって

IFAのコースに限らず、トリートメントの勉強ってセラピストのためのものなんですよね。
もちろん。
特に初めてトリートメントを学ぶ生徒さんにとっては時間もお金も自分のために投資して、
参加されて、学んでいかれる。
ところがトリートメントのセッションっていうのはクライアントさんのためのもの。
セッションは練習であれ、仕事であれクライアントとセラピストで作り上げていくものだけど、意味合いは全く逆。

生徒さんたちにはそこのところを認識してほしいと思う。
自分のためのからクライアントさんのためのに切り替えるプロセスそれがコースなんだと思う。

いつまでたってもセラピストのためのセッションという位置にいるとなかなか前にすすめない。
自分以外の人間のために何かするって簡単なようで難しい事なんだと思う。
それはきっとトリートメント以外の部分にもいえるんだと思う。
だから私はこの長いコースを通して生徒さんがトリートメント以外のたくさんのものをみてくれればと思う。
文字色

無難

さまざまなことを無難にこなすのは比較的得意なほうだけど、
それだけでは面白くない。
何かに一生懸命になると、なりふりかまっていられないはず。

6月のコースの2日目
このコースはコースを無難に終わらせるためのものではない。
コースの中ではなりふりかまわず、自分の求めるもとの追求してほしい。
生徒さんに求められるのはハングリー精神だと思う。
さて、講師である私の役割は???

雨とともに

今日から東京、生徒さんのトリートメントは随分と上達しているよう。
練習あるのみ。

東京在住の大親友と夕食を共にする。
神楽坂の中華料理屋さんのスタッフは中国語まじりの日本語で対応してくれる。
神楽坂って都会の中の下町なのかなあ?

友人に案内されて何度となく足を運んでいるけれど、
いろいろなテイストがある。
おしゃれな下町?
海外のテイストあり、日本の伝統あり、最新のものあり、古いものあり、
もちろん人間も若者あり、お年を重ねた方もあり、
地元民あり、観光客あり。

結構好きだなあ。文字色

シンプルに

ただ人が集まっても物事は上手く行かないものだなあ。
リーダーや発起人のコンセプトがはっきりしていないと、
はっきりしていないまま事が動いて、人が動いて
動いた人たちに迷いがでてきて、そのうちその人たちの考えが
でてくると、発起人のコンセプトが見えなくなったり、
リーダーの力がなくなったり、
コンセプトはシンプルに分かりやすくがよいわけで、
コンセプトがはっきりしていないうちに事を動かし、人を動かすのは
ただ、単にトラブルの元を作るだけなのかもしれない。
そんなことに時間をつかうことほどばからしいこともないなあ。
文字色

買い物

買い物は楽しむものなのだけれど、めんどくさい事もありますね。
必要に迫られて買わないいけないものが結構あったりすると。

買い物の仕方が変わった。これも断食のせい?
以前は絶対必要なものと不必要なものの間で悩む事が多かったのに、
というか、絶対必要なものが決められなかったような気がします。
デザインや値段に惑わされて絶対必要なものを買わずにちょっと必要なものを
買ってしまったり、時には不必要なものを買ったりしていました。
特に洋服などは趣味が一環していなくて、
気づくと自分の好きなものでもなく、かといって好きでなくても機能的でもない
無難なものを無駄に時間をかけて選んでいたのに、
結構決断早かったなあ。目的意識がハッキリしてきたのかあ??
集中力がたかまったのかあ??
ま、いいことですね。
文字色

梅雨

いよいよ梅雨。
実は梅雨ってそう嫌いではない。
じとじとじめじめ。
洗濯物は乾きにくい。
物が腐り易く、食中毒が流行るのもこの季節。
気分も滅入るし、まさに季節の変わり目で体調も崩し易い。
基本的に自虐的な私はこういうのも嫌いではない。
大阪の暑さは関東と比べると湿度が高く。
不快きわまりない。高齢者の方々も夏が越せるかどうか、いつもドキドキする状態。
とはいうものの、昨年は私は自宅では一切冷房をつけずに過ごした。
それは温暖化への小さな抵抗?(o^<^)o
というか、自分の健康のために。
夏生まれの私は暑さに強い。そして冷房に弱いのです。
むだに冷房をつけることに耐えなれない。
そしてどんな熱帯夜でも眠れるというこの体質に感謝する。

やる気

たった10日間ほどなのに習慣とは恐ろしいもので、
野菜と果物がやけに恋しくなる。
炭水化物が主食の生活から野菜や果物が主食の生活に
変化していた。
私が生野菜を食べた後にバナナをもいでほおばる姿を見て
くすくす笑いながら「さる?」
確かにおさるさんがおいしそうにバナナを食べる姿を思い出されても
しかたないかあ。
今日はじめて炭水化物を食べてみたがちょっと硬すぎたようで、
腸に負担がかかりすぎたよう。明日も少し食事を抜こう。

極めたい。

リンパドレナージュは奥深い、
何度、施術しても正直パーフェクトとはいかない。
結局お客様の反応からしか、その真価ははかれない。
今日のお客様はとても喜んでくださった。
アロマとは違った深さがあるということだった。
確かにあの微妙な流れは深いリラックスを生み出す。

先日Hanako WESTのリンパドレナージュに小さく記事がのったので、
問い合わせも多い。
もっとリンパドレナージュを極めないと。

ソフト断食終了

10日あまりのオリジナルのソフト断食が今日で終了した。
まだまだできる感じだけれど、
自分なりに節目をつけるために終了した。

便通はかなりよい、体が軽い。
野菜や果物が大好きになった。
炭水化物と脂肪やたんぱく質をとらなくても結構元気なもんなんだ。
それから自分の意思で何かをやりとげたことは大きな自信になった。

食べることは大好きだけれど、これからはその質が変わっていくと思う。
明日はいきなり夜に飲み会があるのだけれど、
この10日間を無駄にしないように…

精油の化学

精油の化学の勉強をまたまたスタートした。
今回はちょっと気合が違う。

学び続けるってたいへんだなあーと思っていたけれど
少し楽しくなってきた。
食事ができることへの感謝からかな?
学べることへの感謝。
動けることへの感謝。
友達と話せる事への感謝。
全てのことへ感謝。

目標を達成するということ

何をするにしても目的は必要だと思う。
会社でコピーをとるのにも目的があるわけだし、
たとえばアンケートこれも何かの目的をもってするわけだけど、
そこがぶれているのはやっぱり問題外。
ただ、目的への道のりは人それぞれだと思う。

まわり道をする人もいれば真直ぐ歩いていく人もいる。
周囲に目的を持つことに意識を持っていない人の多い環境にいると
真直ぐ歩いていると摩擦が多いかもしれない。
いかに摩擦を少なくして近道していくか、
そういうことを楽しんでやっている友人がいる。
器用に摩擦を避けることができないで悩んでいる友人もいる。

もしかしたら後者の友人の目標は実はプロセスであって、
本人が気付いていないだけで別のところに目標があるのかもしれない。

急にパワーが

ソフト断食をスタートして一週間が過ぎたが急にパワーがでてきた、
体質というか体のサイクルが変わってきているのが少し分かり始めた。
集中力が高まり、次のこと次のことといろんなことを処理し始める。

甲田先生の次の本を読み進むうちに体質を変えることについて理解が
深まってきた。

体質を変えるということは当然、精神力や考え方にも変化がでてくるだろう。
どこからともなく自信というより意志がわいてきて、
今することに身が入る。おもしろいなあ。

素敵なお二人

お友達同士で来てくださったお客様。
年齢差はあるものの、本当に素敵なお二人で、暖かい感じがした。
あまり共通点がないように思えてもとても思いやりあっていらっしゃる。
親子とも思える年齢差でも互いが歩み寄ることで、
お互いの学びになる関係。
そういうのっていいなあ。と思う。
でもきっと第三者からは年齢差があるように思えても実は
当人同士はあまり感じずにいるのかもしれない。

自分のペース

自分のペースを守るってすごく難しいなあと思う。
月一きてくださるお客様でとてもうまくペースを守ってらっしゃる方がいらっしゃる。
自分のペースを守りすぎると人に迷惑をかけるのではとか
考えたりするんだけど、その方を見てるとそうではないように思う。

とにかく動きが早い、そして合理的、なので、その人の動きに
は当たり前のように周りがペースを合わせている。
はっと気付くとその人のペースの中にいる、
周りの人もそれが自然だし、苦痛にはなっていない様子。

うまくペースを守っている人って生き生きしているなあ。
と、思う。

そぎ落とされるもの

今ソフト断食をしながら考えているのは、なぜ今なのか?ということ。
人間として季節の変わり目とか、夏前とかそういうのではなく、
自分にとってなぜ今なのかということ。

それはもちろん体がスラギッシュに感じたことで食事の制限で本当の
意味で体の毒素や宿便を出したかったこと。

それから最初のソフト断食の頃から自然に人とのつながりに
変化がでてきたこと、その変化は今までの自分がつくりだして
きたもので、ごくごく自然なことのように思える。
予測していたことなのに、現実味がなかったのでいざ変化してみると
少し停滞してしまった。
えーいこのさえ、そぎ落とせるものはそぎ落としてしまえーと、
別にやけになっているわけでもなく、自分を大きくシフトさせたいと
思ったから断食も再スタートした。

欲をなくして、手放せるものは手放して、そぎ落とせるものは落とす。
身から離すことには多少の苦痛も感じると思うが、
そこをクリアしないとシフトできないような気がする。

ソフト断食2

先日行ったソフト断食の後とても調子がよかったので、
もう少し本格的に断食を行ってみることにした。
ただ、断食というとなんだか宗教的なイメージがあるので、
何か他によいネーミングないかなあ。fastingかなあ。

甲田先生のスイマグも取り寄せたので、毎朝飲む習慣をつけて、
最初の3日間は水とハーブティーのみ、さすがに3日目はちょっとつらかったが、なんとかのりきれた。
4日目は生野菜のジュースにするつもりだったが、血糖値のことを考えてフルーツのジュースにした。夕食にはっさくを食べてみる。
あくまで自分の体に質問しながらなので、途中ストップすることになる可能性もあるけれど、10日ぐらいで終了して、夏に向けてすっきりした
自分でスタートしたいと思う。

石鹸

石鹸がなかなか固まらない、験化が足りなかったなあ。
一応計算して全ての材料を揃えたつもりだったのだけど、
すでに72時間温度をキープしているから
これでだめだっらうーん。こまった…
やっぱりもっと修行しなきゃ。

いよいよ6月2006年も始まって5ヶ月さて、がんばりましょ。
現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。