スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝

年の瀬とはいえ、自営業の多い私の周りの人達は31日ぎりぎりまで仕事をしています。いろんな友人、知人から連絡が入りました。
2月からオープンのスペースについて皆動いてくれています。
私は幸せものだなあ。と、実感しています。
今年最後の日を幸せを感じながらすごせることに感謝、そして良い意味でのプレッシャーに感謝。さて、2007年はどんな年にするか...
とても楽しみです。まずはカウントダウンに向けて、
祝杯をあげましょう。

32days before pre-opening party
スポンサーサイト

苦節○○年

毎年おせち料理作りのお手伝いをするのに、今年は例年より1日早く作るということで、詰めるだけのお手伝いでした。
でも、おいしいなあ。小さい頃は感じなかったのに、御節の煮物は大人の味??
上手に詰めたとほめられるとうれしけど、苦節○○年でやっと詰めるだけ...なんですよね。
33days before pre-opening party
osechi1.jpg
osechi2.jpg

遠い親戚より近所の他人

偶然の再会からトリートメントに来て下さったお客様。
久しぶりに約1年ぶりにお会いして、話しを聞くと
それはそれはアップダウンの激しい1年を過ごされていた。
さぞおつらかっただろうと思う。

遠い家族より、近くにいる友達が助けてくれたと話しをしてくださった。
今の私もそうだ、私の場合は遠い友達がたくさんいて、皆が助けてくれている。助けるというのは物理的にだけではなく、精神的に支えてくれる。
めったに話ししないのに、その人達の存在そのものにたすけられている。
感謝


34days before pre-opening party

抱負・豊富・ホウフ

年末に来て下さるお客様にはささやかだけどプレゼントをお渡しするようにしている。1年の感謝の気持ち。

それから必ず、今年はどんな年だったか?そして、来年の抱負もうかがうようにしている。
しっかり考えている人もいるかもしれないが、ほとんどの人は改めて考える時間はないみたい。

でも、口に出すことで抱負は実現する。
きっと来年も良い年ですよ。
私の抱負は...今度あったらお話しましょう。

35days before pre-opening party

キャンセル

初めての仕事で早々と準備を整えて、時間をかけて電車を載り継ぎ、目的地に到着する寸前にキャンセルの電話が入る。
自分の力ではどうすることもできない、イレギュラーに対応する時、
激しいストレスを感じるときもある。
そんな時どうするか?
私はまず検証する。もちろん自分の力ではどうすることもできないわけだが、そこに関わった人達にミスはなかったか?
それからもちろんキャンセルの理由。
そして、其々の状況を自分に置き換えてみる。
そこで納得すればよし、それはおかしいと思えば、それについて相手に伝える。そこからまた新しい関わりがでてくる。
もちろんどんな理由でもキャンセルはキャンセルなんだから、と、
感情をあらわにする人もいるだろう。会社勤めのころはきっとそうだっただろうなあ。

自分達の仕事はある意味人と深く関わることだと思う。人は機械ではないから、自分の枠に柔軟性を持たさないと、続けられないなあ。
この仕事を始めてから丸くなったのかな?


36days before pre-opening party

営業マン&営業ウーマン

同じ業種の会社2社に見積もりをとってもらった。
たまたま同じ日程で1時間違いできていただく。
一方は人懐っこい感じの若いお母さんといった女性が2人、
もう一方は入口で頭をうちそうなくらい背が高いイケメン?風?の2人、
服装は女性2人は綿のパンツにおそろいの大きめのパーカーを着て、後の2人はスリムな1人はスリムなスーツに少し眺めの髪、もう1人はストライプのシャツと細めのネクタイにピタッとしたスラックス。
こうも違うものか...と笑いそうになった。
営業の進め方も全く違う。
女性2人の方がストレート男性2人はお客追い詰め作戦。

私はいろんな偶然も重なったのだが、もちろん女性2人の業者に
お願いすることにした。

理由は安心と信頼かな。


37days before pre-opening party

クリスマスプレゼント

素敵なプレゼントが届きました。
ゆず軍団

埼玉の大事な友達がご自宅で作っている無農薬のゆずを送ってくれました。ライトの関係でオレンジが強いですが、もっとレモン色なんですよ。
箱を開けたとたんゆずの香りが部屋にたちこめました。
さっそく今日うかがったフランス人に友人におすそ分け、
明後日は岐阜の友人のところに行くので少し持っていってみようかなあ。

ありがとうございました。
ゆずの香りと共に幸せが届けられました。


38days before pre-opening party

負けてる?

クリスマスなんて関係ないわー
とがんばろうとおもえば思うほどはまっていきます。
やっぱりチキンを購入してから揚げにしました。
スタッフドチキンはさすがにできませんが、
そんなことをしていた年もあったなあ...

でも、M?1グランプリは観ましたよ。
麒麟応援しててんけどなあ。
チュートリアルかあ。華ないけどなあ...
プロからみるとうまいんでしょうねえ。

Merry Christmas!!
あっやっぱりはまってる。

>39days before pre-opening party

ひきこもり??

時々どこにも行かずひきこもりたくなることがあります。
基本的には家にいることが全く苦にならないタイプなので、
家にいて、ぼーっと映画をみたり、テレビをみたりしているのは
大好き。それを3日以上継続できます。
でも、それができなくなってきてるのがつらいようなうれしいような...

今日もたくさんトリートメントしました。心地よくビールで乾杯。

40days before pre-opening party

クリスマス前

クリスマス前の金曜日で心斎橋は人、人、人...
どこから沸いてくるのかと思うくらい。これもいつものことですね。
来年のこの時期はもうこのあたりにはいないはず...
でも御堂筋のいちょうが例年なら裸になっているのに、まだ黄色い葉をたくさんつけているのがなんだか不思議です。みんな気付いているかなあ。
41days before pre-opening party

文章

移転先のパンフレットを作成に書き込む文章を考えている。
文章っておもしろい。固くもできるし、柔らかくもできる。
単純にも、複雑にもできる。
何を主張したいか、それを絞り込む作業に時間がかかる。
でも、そんな時間すら楽しく感じるのは、やっぱり納得して
動けるからかなあ...


42days before pre-opening party

アトピー

この季節ひどくなるアトピーというか、究極の乾燥肌。
大きな水玉のように発疹がでて、乾燥と痒み。
オイルをぬるとかなりましになるよう。
G.ChamomileとR.Chamomileのブレンドでホホバとマカダミアのブレンド
うーん。ストレスかあ?
しかし、生活スタイルを変える気配は全くなし。
さて、さて、どうするかなあ。


43days before pre-opening party

Rabbit eyes

毎年恒例の忘年会、今年は過去でもっとも少ない人数。気づくといつもの飲み屋でいつもの面々が集まっていた。このメンバーだと気を使わずに走れる。いつもならスタート地点でもぞもぞしている人をひっぱったり、自分で目隠ししてゴールを探そうとしている人に目隠ししていることを伝えたり、そういうことを気にせずに走れる。自分の力を100%出したい時に話できるメンバー。
いつものように今年の振返りと来年の抱負の話になる。かろうじて昨年の忘年会での抱負を実行できた。
共通しているのは忙しい中、忘年会に集まる時間を作るのにそれぞれが努力したこと。そして寝不足で少し焼酎を飲むと皆目が真っ赤になていること。「Rabbit eyesの会」と名づけよう。


44days before pre-opening party

サイクル

知り合いの方が定年後、嘱託で勤務して、みごと嘱託もやり遂げて、退職された。32年勤務したという。その方へのお祝いに中華料理を食べに行った。女性の方だが定年後どうされますか?の質問にすこし困ってらっしゃった。女性一人で1児を育て上げ、母親も施設に入り、今はお一人。一応スポーツクラブに行くなども考えているようだが、彼女の口からでてきたのは、サイクルだった。とにかく、ジムでも趣味でもいいから関って生活のサイクルを作りたいという。うーん。好きなことをして、サイクルができてくるならなんとなく解るが、サイクルを作るために何かを始める。ちょっと矛盾?してる?でも、それもありかなあ??45days before pre-opening party

完結する。

どうやら、私は物事を完結させることが苦手なようで、それは生活面すべてにおいて。
たぶん一つのことをやり始めて終わる前に次のことを考えてしまうっていうのが、問題なのかと思う。
それと後片付け。たとえべ、手紙を書くという目的があると、便箋やペンやのりら色々出してきて、手紙を書く。そして、それをポストに投函する。その途中で便箋をもとのところにもどしてなかったり、住所録を出しっぱなしにしていたり、手紙1つにえらい散らかっている。

仕事もそうなんですよねー一つのことを後片付けまでを含めてやり終えて、次のことにかかるという癖早くつけなくてわ。

46days before pre-opening party

つらい知らせ

珍しい友人から連絡があった。
あまり良い知らせではなかったけれど、電話してきてくれてうれしかった。
この時期にこういう連絡があるのも偶然ではない気がする。
もし、自分が同じ立場に立ったらと思うと、いてもたっても居られない
気持ちになった。私はなんて恵まれているんだろう。
こんなゆっくりしていたら、どんどん時間は過ぎていく。
もっと、もっとできることがあるのに...

47days before pre-opening party

Friday night

いつも行くヘアサロンで新人の女性にシャンプーをしてもらった。
うーん。下手というわけではないんだけど、切れがないというか、やっぱり、さっぱり感が上手な人とは違うなあ。
これが経験値というやつなのかもしれない。
最後にマッサージをしてもらう。ヘアサロンでのほんの数分のマッサージが意外と気持ちよかったりする。
その新人の人に凝ってますねーと言われる。
凝ってない人なんで世の中にいるんですかあ?と質問しそうになったけど、いやいや、そんな質問するといじめになるからやめとこうと
「はい。よく言われるんですよ。そんなにこってますか…」と、
返事してみた。
クライアントさんの気分が一瞬わかったような気がする。

48days before pre-opening party

遅刻

あーちょっとした遅刻に後悔...
自分よりずーっと忙しくてお世話になっている人とのアポに遅れると
かなりへこむ。
なんでやーと叫びたくなるけど、自分のせいやし。
ここのところ忙しくて、イレギュラーな移動のタイムマネージメントが
全然できていない。ちゃんとしなくちゃね。


49days before pre-opening party

若い力

若者が悩んでいるとついつい話を聞きたくなるし、
いらんことまで言ってしまう。
しっかりした若者は受け止めてくれるんだけどなあ。
いつから自分は若者ではなくなったのか?
いやいやマッサージに伺っている94歳の方から見れば
まだまだ若輩者。要は気持ちのもちようなんだと思う。
今日話しした若者は若者なのに、固定観念とか、プログラムとかいう
殻のせいで、身動きとりにくくなっていた。
その年齢ならむきたての卵のようにつるんとしてて殻はないはずなのに、
むきたて卵は傷つき易いかあ。

50days before pre-opening party

きび砂糖

白砂糖とおさらばした私は料理にはもっぱらみりんをそのほかには蜂蜜や黒砂糖をつかってますが、輸入食品やでみつけたキビ砂糖、見た感じは茶色いざら目。
さっそく購入して味見もせずにいただいたゆずを細かく切ってつけこんでみた。
2日後味見...うん??甘くない?いや微妙に甘い。でも上品。
トウキビのあっさりした甘み。
ちょっと気に入って飲み物なんかにもつかってみる。
白砂糖の異常な甘さはやっぱり異常なんだなあ。と、痛感する。
塩も買わなきゃね。


51days before pre-opening party

寒いなあー

滋賀県でのセミナーを月一回行っている。
寒い...京都とはまた違う。
もちろん大阪とも違う。
アオミドリは大阪市内。地熱が違う感じ。
でも、空気はおいしい。空は青い。
でも、寒い。水はおいしい。でも冷たい。
さて、どっちをとりますか?

コンセプトさえはっきりしていればどっちだって、
住めば都って最近思えるようになりました。

>52days before pre-opening party

出会いと別れ

アロマを熱心に取り入れてくださった施設の担当者が移動される。
せっかく色々なことに実がなりはじめたのに。
これは一つのきっかけ、分かれがあるということは出会いがある。
coolにhotに対応しよう。
53days before pre-opening party

かえる かえる



うれしいプレゼント


54days before pre-opening party

contact with you

施術中本気で泣いてしまったことがある。
一度目は高齢者施設で、そして毎月来ていただいているお客様
が妊娠6ヶ月で施術に来てくださった時、
高齢者の方の時はその方の悲しみや苦悩、それから生きるつらさと
生きたい気持ちが手から伝わった瞬間、涙が出ていた。

+ Read More

持つべきものは...

アオミドリの内装をしてくれた友人に次のスペースもおまかせすることにした。また、違う雰囲気にしたいと思っている。
基本的に半分以上が窓になっているのでかなり明るい。
逆にまぶしいかもしれない。
さて、基本カラーとロゴをきめないとね。

56days before pre-opening party

新たなメンバー

施設でのアロマをお手伝いしてくださる方が来てくれた。
色々な経験をしてこれから成長していってくれると思う。

そう長くない経験の中で感じたことはたいていの人はこちらがopen mindでいればopen mindしてくれる。
たとえopen mindしてくれていないと感じても、まっすぐに眼をみればいつかはわかってくれる。ということをアオミドリで学びました。

がんばってね。せっかくのご縁なんですから、私の持ってるものをできるだけお伝えしていきます。

57days before pre-opening party

南船場の居酒屋さん

アオミドリの隣のビルの一階にあった居酒屋さん移転のはがきがポストにいままでは15人ほどはいると一杯だった店が、近所に移転して30人ほど入る広さになったとのこと。
友人とちょこっと行ってみた。店主ご夫妻もとてもうれしそう。
たこ焼きの試食をさせてくれた。かねてよりたこ焼きの販売がしたかったそうで。
かねてっていつごろからだろう。ご夫婦はそこそこの年齢みたいだし、苦労人って感じのお二人。

自分の思いって何年かかっても実現するもんだと思う。
ただし、努力が必要かア…

58days before pre-opening party

準備は楽しー

新しいことをするための準備はやっぱり楽しいなあ。
たとえ、徹夜したって、休みがなくたって、体力が続く限りできることをしてしまいたいと思います。
南船場のアオミドリは私のお店だったけど、
京都の「Blue-Verdure Holistic Care Center」はみんなの空間にしたいと思っています。
空間作りをする上でこだわることは一つだけ、
自分のこだわりを捨てること。
それはどうでも良いという意味ではないんですが、
みんなのこだわりが表現できればいいなあ。と思っているんです。

59days before pre-opening party

シャッフル

キャンセルあり、新規の予約あり。
出会いはご縁だと感じる。全てが自然の流れだと思えば、キャンセルにも冷静で居られるし。新規のご予約にも普通以上につながりを感じる。
特にご予約をお断りしたあと、キャンセルの連絡が入ったり、
逆にご予約が入ったあと、すぐに同じ日時にご予約が入ったりすると
ご縁を感じられずにはいられない。
それはすなわち出会った人とのご縁は全て意味のあること、
大切にして、その人からのメッセージを素直に受け取ること。


60days before pre-opening party

喜びと驚き

長年通ってくれているクライアントさんに移転の報告をした。
大阪から京都とはいえ問題なく通える範囲。
最初驚かれていた様子だが、とてもよろこんでくださった。
こういうクライアントさんが居る限り、この仕事はやめられないなあ。
自分に自信がないなんていってられない。
問題はやっぱり通うのがむずかしくなるクライアントさん。
さて、どうしたものか...
信頼の置ける友人達のサロンを紹介することにした。.


61days before pre-opening party
現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。