スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京野菜2

山科茄子は興味があったのですが、
なかなか買う機会ありませんでした。
それにやはり少々高価、ですが、思い切って買ってみました。
山科茄子は他の賀茂ナスと比べると見た目はちょっと
お尻がぷるんとしていて丸くてごぶり、
でも水ナスみたいにウエストにくびれがないわけでないので、
小さいながらもなすびらしい形です。
昔から京都の山科では栽培されていたのですが、
その特徴の皮が薄くて、実が柔らかいというところから
出荷が難しくて出回らなかったのだそうです。
ここ数年品種を改良して最低限の出荷のストレスにたえられる
実の柔らかさになったということでちょくちょく京都の
スーパーではみられます。
かわいいでしょ。このコロコロ感、
なすび2
包丁をいれてみると噂通り皮が薄くてすーっと入ります。
縦半分に割って塩で軽くあく抜きしてから
包丁で細かく切り目をして甘さ抑えめのコンソメ醤油だしで
含め煮にしました。しっかり冷やしてミョウガをそえていただきます。
白ワインがあいますよ。
こちらのレシピを参考にしました。
残ったスープで冷たいおそうめんおいしかったです。
写真 5
スポンサーサイト

京野菜

京都のいわゆるケモタイプの野菜ではなく、
日本中にある野菜で京都で採れたものですが、
ずいき、昔そういえば道にはえていたような…
というわけでお店で見つけた時おっちゃんにこれどうやって料理すんの?
と、聞くといろいろ説明しながらレシピシートを一枚くれた。
酢の物の作り方、おっとおいしそうやんか。
いっしょに山科茄子も買ったので300円を250円にしてくれました。
長さは一メートル近くもある立派なものだが、
自転車で持ち帰るのには不便なので半分に切ってもらう。
下準備は簡単で皮をむいてあく抜きして火を通して
味付け。
自宅に持ち帰って皮をむく前に撮影
量ってみると600gほどありました。
写真ずいき 1
さっきのを表面の皮をむいて酢水につけて約10分後
油を入れず水炒めして柔らかくなったら火をとめて
ざるなどにいれて冷まします。
写真 1
あらかじめ作っていた酢、砂糖などの調味料に漬け込みます。
ちなみに酢は千鳥酢を使いました。砂糖は白砂糖でなくきび糖に黒砂糖少々
ごまをぱらぱらしたらこれはたぶん5人前くらありますね。
できあがり。翌日はアントシアニンの赤がより美しかったです。
ずいき4

セミナー

先週に引き続き今週は40名ほどの教職員の方にアロマティックタッチのセミナーを
受講していただきました。
事務局スタッフや「こころま」さんにもお手伝いいただきました。
皆さん勉強熱心で、普通に質問が飛んできます。
私もたくさん勉強させていただきました。
主催者の方からは好評だったと良い評価をいただきました。
参加者の皆さんはふだんからハードな業務をこなし
ご自身もストレスがたまっていらっしゃっることと思います。
アロマで少しはリフレシュしていただけたら…
そんな気持ちで構成したカリキュラムです。
機会があれば是非センターにも遊びにきてくださいね。

暑いですねー

暑いですねーが合言葉のようになって
会う人会う人同じ言葉、
気軽にこの言葉をつかう。
この暑さはしばらく続くらしい。
今日も暑い。
今年は猛暑という言葉もよく聞くけど
今年だけなんだろうか?
私はなんとなくこれからは毎年もしくはもっと猛暑に
なるのではなかとそれを考えると怖くなる。

エアコンを付けることは簡単だが
室外機の前に立った瞬間ちょっと冷汗がでたりする。
この熱風が世界中の少なくとも日本中から
でているんだ。
ただ、すでに冷房器具を使わないと命に関わるような
環境になっている。
もう手遅れなのかもしれない。
私は個人的には暑さに強い、職場でも一人でいるときは
扇風機のみ汗だくで作業していることが多い。
ただ仕事柄生徒さんやクライアントがいる時はそうはいかない
冷房をつける。そんな日はその時間を取り返すように
皆が帰宅したらすぐに冷房のスイッチを切る。

今できることは健康な私たち、少なくともこの暑さで
体力に影響が出ない人は自重して冷房器具の使用を控える。
電車で移動する。これくらいだろうか。
こうなってしまったことについて誰を責めることもできない。
決して皆が自分さえよければという意識でCo2を排出したり
冷暖房器具を乱用したりしたわけではない。
使いすぎるとこうなるかもよ。という結果が見えない状態で
使い始めたから。情報のなかったことが原因だったのかもしれない。
でも将来の状況が見えていた人たちがいたとしたら
それは罪やよなあー
すでに地球の怒りはおさまらないところまできているような気がする。
子供の頃の夏が懐かしい。

京野菜

京阪電車の三条駅構内の一角で工事が始まっていたので
何ができるんだろうと思っていたら野菜の直売所だった。
京の旬野菜「時待ち食」直売所というらしい。
ちょうど駅の改札内からも外からも購入できるようになっている。
三条駅はなんだかんだと観光客も大阪からの通勤の人たちも
通るのでいいかもなあ。
ちらっと見ると京都の生産者の名前の書いたこの季節のなすびや
きゅうり、オクラなんかもありました。
卵にジャムなどなど、ただスーパーより一割高という感じでしょうか。
無農薬でも有機栽培でもないのですが、
不思議なもので生産者の名前や写真がラベルに載っているだけで
ちょっと安心したりする。
そのうち買ってみようかな。

ひらきなおる

もんもんもんもんとした時間を過ごしたあとには絶対にぱーっと開ける時がくる。
と、私は信じてやみません。
人間一生もんもんとしてられるもんではないと思います。
いやあ。開きました。
開いたと感じるのはもんもんとした時間があったから
その時間は必要なんですよね。
もう迷いはありません。
前進あるのみですね。
不思議なものでいいタイミングでよいことが起こるものです。
すべては偶然ではなくやっぱり必然です。
もんもんとしはじめたら開き直ってもんもんにどっぷりとつかりましょう。

新プロジェクト

色々なところでアロマや補完療法のニーズが増える中、
新しいプロジェクトの話をいただいた。
新しいとは言え、私自身に新しいだけで実際は6,7年前からスタートしていた。
しかし、世界中にアロマセラピストがいて
それぞれの活動を行っているわけでどれがトレンド、どれが主流というのは
実際はファッションと同じでマスコミや経営者がつくりだす。
そう考えると情報をシャットアウトして自分だけの世界に
ひきこもりたくなる。元々職人気質なので、それはそれで全く苦にはならない。
しかし、それもちょっと違うような。
今私達はこの世界で生活してどこかでだれかとリンクしている。
その現実を見て楽しまないというのは違うよな。
などと新プロジェクトとは関係ないことを考える。

デスクワーク

デスクワークに集中するためには何が必要か…
あまりデスクワークが好きではないので、
考えてみた。
適度な室温、寒すぎず、しかし暑すぎず。
(この夏は暑すぎて頭がぼーっとするので不向きかも)
気づいたときにさっと必要なものが取れる環境
(これは普段から整理の悪い私には必要でえーっと赤のマジック…
ないやんか?隣の部屋や!となるともう気がそがれる。)
すわり心地が適当に良いいす。
(以前、安かったので購入した姿勢矯正椅子これは最悪でした…
問題は椅子にあったわけではなく自分の筋力にあったのですが。)
タイムマネージメント
(だらだらするとどんどんだらだらするので自分の中で時間制限を
作る必要があります。)
あーこれらをすべて整えてもやっぱりデスクワークは好きになれないなあ。

筋トレ…

本格的に筋トレを初めて半年以上になるが、
結局トリートメントするための
姿勢の維持やもちろん体力的な部分も
体の筋骨格のバランスが大切なんだなと
痛感する。
姿勢にうるさいわたしですら5年ほど前に
ちょっとした腰の痛みを感じ始めたことがあった。
痛みというより同じ姿勢そしていることによって
筋肉の収縮が改善しにくくなった感じで
施術後のストレッチはかかせなかった。
結局最終的な改善策はヨガと腹筋トレーニング。
外傷以外での腰の痛みなどは腹筋と背筋を鍛える以外
自分で改善する方法はないと信じていた当時の私は
あらゆる腹筋トレーニングを試した。
正直私のちょっとした腰痛は全く施術には影響の
ない程度でそのままにしていてもその時は問題なかったの
だが、仕事柄中高年になってから腰痛に悩まされている方を
たくさんみているので腰が人間の直立歩行にどれだけ
重要かよくわかっていたし、
直立歩行が生活に占める重要性も分かっていた。
そして何より痛みが人に及ぼす影響の大きさも分かっている
つもりだった。
そこで’コア’(ヨガやスポーツ用語で使われる腹筋の部分)
を鍛えることを中心に運動のスタイルを変えた。
現在は少々無理な姿勢でトリートメントを行っても
腰には負担はかかっていない。
様々なトレーニングの紹介は次回に。

IFAアロマタッチ

6月上旬にアセスメントを開催したIFAアロマタッチからすでに2か月
まだ課題を提出されていない受講者さんもいるものの
すでに早々と提出していただいている方も多いので
取り急ぎ提出課題のチェックにかかりました。
皆さんオリジナリティーあふれた課題というより作品を拝見
している感じです。
ですが驚いたのは同じ内容のセミナーを受講して時間を
共有しているのにこうも人の見解というのはばらばらなのかということです。
もちろんその中には私も含まれているわけですが、
大変なのはケースですね。これから翻訳にかかりますが、
書き方も違えば正直浅い深いがあり、どこまでを許容範囲とすればよいか
わからないくらいです。
代表の3校と話あった内容そしてステファニーの考えをもとに
少しずつやっていきます。
少し時間がかかるかもしれませんが、参加いただいた皆様
この資格はIFAの資格でそれも講師という資格です。
ですのでプロフェッショナルアロマセラピストの資格とは
差別化するもののしっかり拝見したいと思っています。
チェックに手抜きはできません。というのが他校と一致した
意見です。IFAは何といっても私たち自身が属している協会です。
レベルを落とすようなことは絶対にしたくないのです。
自分の役割をしっかりと踏まえて進めていきたいと
思います。アセスメントの翌日のセミナーでステファニーは
鉢植えをプレゼントしてくれました。
私は言いました。ステファニーに約束しました。鉢植えを世話するのと同様
日本のアロマケアを大切に世話していきますと。

時として厳しいと感じることもあるかもしれませんが、
どうぞご理解・ご協力をお願いいたします。

やっぱり暑いかあ?

福知山の方に出張セミナーにうかがいました。
福知山市といえば京都とはいえ、市内からJRで1時間以上かかります。
京都からJR特急きのさき1号、帰りは特急丹波8号だっけ?
サスペンスにでてきそうなネーミングで
今回お手伝いしてくれるアシスタントのIさんとわくわくしながら
おいしいパン屋さんでサンドイッチなど買って乗り込みました。
早めのランチを食べてすっかりほっこりしましたが、
これから本番やんかー
山や、川を電車をひたすら緑の中を走りました。
目に優しい風景がつづきます。
しかし例にもれずJRの車中は冷え過ぎぐらい冷えています。
福知山に到着して私はてっきり涼しいものと車両から一歩降りてびっくり...
あつ!!暑いやん!!
てっきり涼しいと勝手に勘違いしていました。
山あり谷あり、川ありそしてやっぱり避暑にはならず。
まあ、セミナー会場は冷房あるんですが…

セミナーは2時間以上かけてきてくださった参加者さんたちが
30名近く集まってくれました。
そしてみなさんとても穏やかで普段お仕事でつかれているにも
関わらずしっかり聞いて帰ってくれました。
ありがとうございました。
そして色々お手配いただいた京都府教職員互助組合の担当者の方
本当にありがとうございました。来週も頑張りますね。
20100821福知山セミナー 015ブログ用
帰りは駅でおおきなカマキリ君がお見送りしてくれました。Iさんの撮影
20100821福知山セミナー 031ブログ用

暑い日に頭をよぎったこと

この暑さはやっぱり異常...
夏も終盤を迎え、本来ならば秋を感じる頃ですが、
残暑が厳しい。それでも植物たちは秋の準備を
初めているようです。葉の成長が8月上旬より
だんぜん遅いのです。
植物と話をしてみたいなあ。
南のベランダにいるハーブ達はぎりぎりのところだと
思う。
光合成をするには太陽の光は必要でも強すぎる。
あー枯れそうになるとちょうどいい具合に水がくる。
干からびるぎりぎりのところで植物はたくましくそだっていることでしょう。

8月生まれということで夏にはかなり強いです。
お誕生日のお祝いのメッセージをいただいた皆さん
ありがとうございました。
この年になって元気に生きているありがたさを感じます。
自分へのご褒美にいろんなことをしました。
美・食・知・健すべてはつながっていて
すべてに少しずつ贅沢をしました。
ちょっとずつですが、いろんなことを
成果がでればいいなあ。
久しぶりにアロマも本格的に使いましたよ。
思えば今私が元気でいるのは常に香がそばにあったからだなあ。
と、思います。知らない間に免疫力は上がり、
メンタル面を強壮していたように思います。
また明日から頑張りましょう。

ぬか床3


その後ぬか床は順調に成長していたはずだが...
夏休み実家に帰って帰宅してみると若干いつもと違う香が、
それでも混ぜると香は気にならなくなった。
1日なすびをつけて食してみる。

うん??おいしいけど味が薄い。
これか...
料理名人がぬか漬けを仕込んでいる様子を
思い出してみるとかなりの量の塩を使っていた。
私は塩分控えめをこころがけていたので、
野菜に塗りこむ塩を控えていた。
よく考えると何度もなまぬかを加えているわけだし
野菜に塩分が移っているので
ぬか床の中の塩分はうすくなっているはず。
塩は防腐効果もあるわけだからきっとこれやと
さっそく塩を多めに加えてなすびを漬けてみた。
明日どうなっているか、楽しみ。

夢をみた

ひさーしぶりに夢を見た。
夢をみるということは少なくとも肉体はしっかりと休息している
わけだからまあいいか。
リアルな夢は目覚め近くに見るようだが。
どうして?という登場人物がでてきた。
なんだか、脳はすっきりしないが
体の殻が一枚剥がれ落ちたような感じ。
今日からまたがんばれそうな。

さあ。がんばりましょう。

刺激を受ける

2人の刺激を受ける人と話をした。
実は人によっては話をしていてもどこかで
別のことを考えているときもある。
考え方に個性がなかったり、
経験から出ている言葉でなく、情報を右から左へ流しているだけで
自分で消化できてなかったりする人

今日の2人は環境や立場は全く違うけれど
経験が伴っていて、なおかつそれが自信につながって
生き生きしている人たち。
そして共通しているのはポジティブ。
そのうちの一人は
10月31日にケアコミュニティー主催の
勉強会で講師をお願いしている看護師さん。
(勉強会の案内はこちらからどうぞ)
現在24時間の訪問看護ステーションの立ち上げを
されている。
実はそろそろ引退を考えている年齢だったそうだが、
縁があって立ち上げをすることになったのだそうだ。

人生観・結婚観・仕事観
何の話をしても興味深い。
是非またごいっしょしてください。
ありがとうございました。
良い、一日でした。

五山の送り火2


今年も夏が終わりますね。
五山の送り火と同時にそう感じるのは
私が少しは京都に慣れていたからかな?
と感じます。
京都の人は大文字とか山焼きとかいう表現を好まないというのを
一年目に聞いてから。は五山の送り火または
送り火という表現に変えるようにしました。
確かに、先の言葉では他の地域でも行われる行事と
混同するし、本来のお盆に帰ってきた精霊を見送るという
意味が分かりにくいですもんね。
今年はたまたま食事に行ったお店の方に地元スポットとうかがって
撮影してきました。一つの文字は10分毎に点火されるそうです。
一番最初に点火される大文字一年に一度幻想的な数十分です。
P1010089.jpgスタートはこんな感じぽつぽつ明かりがつきます。
P1010093.jpg全体が浮かび上がります。
P1010102.jpg
P1010099.jpg

五山の送り火


無病息災

枝豆twins

今年は枝豆が豊作だったそうで、
確かに安いかもなあ。
それにレベル高いかも。
枝豆はいわゆる大豆なわけですが、
大豆を作った畑は翌年一年寝かさないと
というくらい大豆は土壌から栄養をうばうそうで、
そう思うと大豆の栄養ってすごいのかも。
ビールのあて以外にも豆ごはんにしたり、
煮物の彩やずんだ餅もおいしいなあ。

こんな枝豆みつけました。
twins

20100810-13お盆休み 043

お盆の最中

夕方の京都市内のオフィス街も静かな感じで会社はお休みだからだと思うが
常にこれくらいだったらなあ。なんて思っていたら...
河原町通りにでるとひとひとひと
いろんな国籍の言葉が飛び交い。
またいろんな方言も飛び交う。
ヨーロッパの人も多いが
中国・韓国人らしき言葉を交わす人も
増えている。
おみやげやさんに群がるアジア人
昔の日本人の海外旅行もこんな感じだったと
その時代を知る人はいうけれど、
これと同じだったとしたら
恥ずかしいなあ。と、思うのは私だけだろうか?
おみやげを買いにきているのか
観光しにきているのか。
それにずっと話続けている。
寺社仏閣でもほとんど同じで。

マナーとか倫理ってあってないようなもの
なのかもしれない。それを決めたのも人間やし。
隣を歩くひどい着付けをした浴衣姿の日本人の
若者これもこれですが…

happy hour!!

この数年日本でも定着したhappy hour
バーやパブで早い時間に酒類が半額になっている。
海外ではあたりまえだったが、
最近日本でもよく見かける。
酒飲みの友人と食事前にちょっと時間が
早いなあ。
と、happy hourを見つけて入って見る。
チェーン展開している英国風のスポーツパブで
優秀賞をとったカクテルをすすめられた。
まあ、たまには食前酒にいいか。
お兄さんがすすめてくれた
フレッシュオレンジ2/3使っているという
なんともいえずさわやかな香り。
2/3というところがポイントなんやろか?
好きなジンベースなので後口もすっきりしている。
20100810-13お盆休み 002
友人はスイカを使ったラムベースのカクテル
一杯のんでしばらく話をして、
店をでる。「奥深いんやろけどジュースやなあ。」
というわけでお気に入りの本気の店に向かいました。

走る

久しぶりにジョギングすることにした。
ここのところトレーニングしているので体力はついているはずだが...
数日の不摂生で体がなまっている。
筋肉は鍛えなければ衰える。
鍛えるためには心が健康でなければ。
なんて考えると実は一生トレーニングなのかなあ。
学生時間の体育の時間を思い出すと
運動神経は良いとは絶対に言えないタイプだけど
走ることは結構好きかも。
15分あたりでピークが来てそれを超えると
気持ち良い時間が待っているのは
わかっているので、その15分がクリアできる。
そしてその後には良い1日が必ず待っている。
明日も自分のペースで走ろう。

本日より夏休み

夏休みとはいうものの片づけることがたくさんあり、
貧乏性の私は結局何かやってるわけです。
読みたい本。
目を通したい資料。
会いたい人。
行きたいところ。
これをこなすのが休み?
結局やりたいことをやるのが休み?
それなら、私は年中やすみかもなあ。
やりたいことやってますからね。
てことは休みにはやりたくないことやってみるのも
いいかもなあ。

ホームページ更新終了

新しいコース構成になって以来やっとホームページの方も
更新が終了しました。
パンフレットや様々なリクエストを反映してくれた
製作者の方、ありがとうございます。
内容チェックに協力してくれたブレインの皆様
本当にありがとうございました。
もともとあまり創造力のない私が
頭にうかんだことをビジュアル化するのは
ほんと、大変。
ですが、それに根気よくお付き合いいただいた
皆様に心より感謝です。

コース編成は今の私が考える限りの理想に
限りなく近いものです。
限りなく近いというのは理想は常に進化して
それを追及することで質が上がると思うので、
常に理想には100%達しなくていいのです。
来年の理想はまた変わります。
大切なことは常に進化し今を100%で過ごすことなんだと
思います。

皆様ありがとうございました。
新月の今日更新発表できたことにも意味があると思います。
http://blue-verdure.jp/shikaku.html

アロママッサージ

ここのところトリートメントのお客様が増えている。
昨年くらいからほとんどケアルームの宣伝もできていないのに
ありがたいことなのですが、
体調を崩されている方が多いのもよいことなのか悪いことなのか。
私がいつも新しいクライアントさんがお越しになったときに
気をつけるのはその方がトリートメントにどっぷり頼り切らないように
すること。
確かに気持ちいいし、一時的に体調はよくなるのですが、
そのまま1週間何もせずまたトリートメントを受けて、
気持ちよかった。じゃあまた翌週。では、意味がないのです。
私達の仕事はクライアントさんに考えたり、行動したりする
時間的、体力的、心理的に余裕を作ってあげることなんです。
トリートメントを受けて自分の体調に気づいたら
それを改善するために自分でなにができるかを考える。
そして行動する。
そのためのお手伝いです。
大切なのは自分で…ということです。
それでなければ、アルコールやニコチンや、買い物なんかと
同じです。アディクションになってしまうのです。
そうではなく、心にゆとりができたらまず自分で何を改善できるか
考えることが大切だと思います。
それをご理解いただくまで少し時間がかかるので
実は新しいクライアントさんは大変なんですよね。

一人summer time

午後からは暑すぎて仕事の効率が悪い!!
ということでできるだけデスクワークは朝することにしました。
せっかくなので2時間ほど早起きして
まだ涼しい道を自転車で走ると気持ちいいです。
そして涼しいうちにいろんなことを
終了します。
その代わり、夜寝るのが早くなりました。
最近ビールも飲んでないなあ。
ですが、浮腫みも激減、
そして肌の調子がいい!!
早起きは3文どころか
健康維持の秘訣かも。
そしてほとんど人も通っていない道を
走っていると、
朝を独り占めした気分です。

いちご豆乳

いちごかあ。
カロリーもチェックしてなんとなく味が想像できるなあ。
と、思いながらとりあえず購入してみる。
Image430_20100808073759.jpg
予想通り甘いなあ。
しかし、なぜ今いちご、いちごって春やし。

子供のころ家の周りにはたくさん農家があって、
夏休み母親に籠をもたされて朝一家の裏の畑のおばちゃんのところへ
おばちゃんがきゅうりとなすびを籠にいれてもたせてくれた。
取り立てのきゅうりにはいがいがのとげがあり
さきっぽには花の残りがくっついてるって
今のこどもってしってるかなあ?
なすびのへたはとげがあって痛いって知ってるだろうか?

イチゴの季節になるとやっぱり裏の畑のおばちゃんのところへ
イチゴを摘みにいく。
畑のおばちゃんは私たちの成長とともに腰の曲がった
おばあちゃんになりすでに他界している。

とんぼ

ホスピスに入院してすでに6か月
そろそろ窓からの風景にも飽きてこられたかもしれない。
窓からの風景といっても隣の別病棟の建物のコンクリート
の壁の上の方に青空が見えるくらい。

「もうすぐ五山の山焼きですね。」
あたりまえだが季節の話題や言葉の選び方にはそれなりに
神経を使っている。
遠すぎる未来の話はしないように
している。
近い未来の話題を出すことが多い。
もちろん1週間先の話を遠いとするか
近いとするかは本人の気持ちの問題なので、
私から季節の話題をもちかけるのは
信頼関係がある程度できてから。
そして「送り火」というのがいいのか「山焼き」というのがいいか。

案の定「まさか山焼きまでここにいられるとは思ってなかったけど」
と、想定内の返事が返ってきた。
「私の職場からは大文字の大の半分がきれいにみえるんですよ。」
「そう。いいわねー家にいるころはジャスコの屋上から
ちょっと見えるだけやったけどこの病院からはよく見えるみたいやから」と、
近い将来のできごとを少し楽しみに感じられている様子。
ほっとする。

脚の施術をしながらふと外をみると
グレーのコンクリートをバックにたくさんの
トンボが飛んでいた。
「トンボですねー」
「ほんまやねー山焼きが終わったら秋ですぐにクリスマスやろうね。」
マヒした足は6か月の間に筋が萎縮して足裏は私の手のひらにすっぽり収まるほどに
小さくなっている。
「さて、今日もフェイシャルトリートメントしますよ。」

いつもの風景

山があって川があって青い空があって
そんな風景をみると落ち着くのは
私の実家がそうだったからだと思う。
今と違うのは
子供の頃よく父親に連れられて
釣りをして川に入って遊んだこと。
鴨川ではちょっと今は難しいかな。
一級河川だったので、流れが急なところは
大変で父親は網で魚をとりながら
私たちの腰にひもを巻きつけて
まるで鵜飼のようにコントロールしていたのを
覚えている。
若いころの父の姿がまざまざとよみがえる。
ふらっと出かけて帰ってくると
クーラーボックスいっぱい鮎が入っていたり。
したこともあった。
いったい彼は何者なんだろう?
と、子供心におもっていたかもしれない。

Image431_20100805183752.jpg

昼間肉眼では美しい風景が目に入ったが
携帯電話のカメラを通してはまぶしくて全く
何を撮ってるかわかないまま
シャッターを切ると意外ときれいにとれた。
見ないで撮った方がきれいなのかも

異業種交流会?

異業種と言えば異業種。。。
専門看護師さんに鍼灸師さん
Dr.の卵に音楽療法家…
不思議な空間です。
居酒屋さんでの食事会
気を使っているような使ってなさそうな。
源はその中のベテラン看護師さんなのですが、
私は結構人のキャラクターをつけるのが
得意なほうなので、すぐにキャラを見つけ出します。
専門家というのは個性的な方が
やっぱり多いですね。
なので、その道のことはあまり深く話さない。
共通のクライアントさんがたまたまいたので
話題はそっちの方へ。

とても楽しい時間でした。
ちょっと緊張しましたが。
また来年お会いしましょう。

引き継ぎいろいろ

おめでたのセラピストさんの代わりをしてもらうのに
施設にあいさつ、スタッフの顔合わせしてきました。
店によっては一から十までまったく同じように
施術内容の細かいところまで引き継ぐところもあるようですが、
私はあまりそれを好みません。

うちのセラピストさんは皆さん実力のある方ばかりです。
それにクライアントさんとは一対一での対応なので、
最終的にはそのセラピストさんにクライアントさんが
つくという形になります。
なので、おおまかな流れだけ統一して
コンテンツはセラピストさんまかせです。
それを好まない方もいらっしゃるようですが、
なぜ好まないか私には理解できないので、
そういう方は私の周りにはいらっしゃいません。
というか実力のあるセラピストさんばかりです。

しかし、実のところ私の性格がアバウトであるということに
最終的には落ち着きます。こだわりがあるようでない?
ないようである?

2日間の引き継ぎ頑張ってくださいね。
よろしくお願いします。
現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。