スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅い初物

8月の下旬にいつも行く居酒屋さんでぷちぜいたく
鮎の塩焼きをいただきました。
写真 1
鮎はタデ酢で食す。
これは鮎の苦みと甘みをひきたてるのと、
夏場の食欲のない時期にさっぱりした酢で食をすすめることと
解毒の作用もあるのだと思います。
蓼食う虫もすきずきというぐらいタデは苦みがあるそうです。
そういえば大昔学生のころ旅先でたまたま出会った初老のご夫婦に
今思えば京都の山奥の料亭で天然アユをごちそうになりました。
鮎の食べ方をおしえてもらったり裏山にあるタデをみせてもらったことが
ありました。なんというか、今思えば贅沢な…
そしてバブリーな(これも死語ですね。)できごとでした。
ですが、あの時に感じた、食文化の大切さと鮎の味は今でも覚えています。
居酒屋さんのもおいしかったでしたよ。
っていうか、これもごちそうになりました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://clayetaromalife.blog8.fc2.com/tb.php/1727-584e4128

Comment

Comment Form
公開設定

現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。