スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリアフリー

近所の氏神様の脇の細い道を駅へと急いでいると、自転車を押しながらゆっくりと歩く少し病的に痩せた老人を追い越した。どうやら左脚が義足なのか不自由なようで細道を抜けると右脚で器用ペダルをこぎながら私の横を走り始めた。自転車なのにゆっくりゆっくり。その老人の横前方に4輪の電動自転車に乗った太った女性が足もとになぜか小さなマルチーズを乗せて老人の自転車と同じくらいゆっくり走っていた。
まだ若そうだし、太っているのだけでなぜ電動自転車に乗る必要があるのか??膝が悪いのか?ひどい糖尿病なのか?色々想像してみた。2人のスピードは早歩きの私と同じくらい。駅前にある消防署にさしかかると、筋骨隆々の消防士さん達が走りこみをしている。私達の誰よりも早いわけで…

ハンディキャップを個性として考えたとして、全ての人が満足できる
バリアフリーのポシビリティーってどのくらいなんだろう。って考えた。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://clayetaromalife.blog8.fc2.com/tb.php/303-cd2405fc

Comment

Seagreen | URL | 2006.07.01 21:03 | Edit
そうなんですね。現状と新しい技術を比べるという作業が必要なのに、健常者はなんらかの策を講じれば、それで満足すると思いがちなのかもしれません。驕りですね。
もっと根気よく良くするという気持ちを持ち続けて行動することが大切なんですね。
ウッド | URL | 2006.06.30 20:43 | Edit
ある人が、いろんな人に便利になるように新しい技術、システムを導入したりして、もっとよくなればいいのにと言ったとき、障害を持つ人の仲には、新しさが不便に感じる人もいるから、現状のままで良いところもあると言ったら、あきらめるのはよくないと言われてしまった。
 あきらめじゃなくて、現状のほうがいい場合もあるということがわからないみたいでした。バリアフリーは、こういうところから変えていかないと難しいな。
Seagreen | URL | 2006.06.28 22:44 | Edit
そうですよね。結局健常者が作ったものがほとんどなんだから…ってところでしょうか。
狭いところかあ、動物園の動物や、追いやられた虫扱いですね。
それも人間のしたことかあ。

そんなことばかり考えていても仕方ないので、気づいた人だけでも前向きに行きましょう。まずはエコロジーから…なんでやねん。??なんでもです。
yucco | URL | 2006.06.27 10:27
 私もよく以前に痛感させられました。
結局健常者が多いわけで、その健常者によって作られたものですから、車いすや足腰が不自由なからからすれば、ほんの一部しか考えられていません。
私も実際に養護学校で働くまで、はずかしながら気づきませんでした。
日本はかなり遅れていると思います。
同じ人間だから、広い世界で生活できるのが当然だと思うのですが、とても狭い中で生活するのが現状だと思います。
Comment Form
公開設定

現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。