スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心身

青い顔をしてドアを開けて入ってきた男性は堰を切ったように話始めた。
独りであることのつらさをしみじみと語っている。
それに伴って咳きという症状と、口での呼吸、過換気症候群の一歩手前。

何ができるのか?
発作のように咳き込むため、こわばった筋肉を緩めるために軽いマッサージをする。
その間も話し続ける男性。
終了すると、顔に血の気が戻り、呼吸も楽になったという。
オイルは直接は使用していない。
何ができたんだろう。

2人の高齢者から死という言葉を聞いた。
死への恐怖と、寝たきりになることの恐怖。
どちらが強い恐怖なんだろう。
心と身体は
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://clayetaromalife.blog8.fc2.com/tb.php/447-1ff394b0

Comment

R's Garden | URL | 2006.11.17 18:18 | Edit
オイルなしでも、Seagreenさんを通してエネルギーが流れたのだと思いますよv-238多くの経験を積んでらっしゃるから、Seagreenさんが意識しなくとも、「流れる」のだと思います。
Seagreen | URL | 2006.11.17 02:39 | Edit
R's Garden様
それでいいんですよね。
自信過剰でした。(o^<^)o
Seagreen | URL | 2006.11.17 02:37 | Edit
ウッド様
はい。確かに考えすぎかもしれませんね。
偶然2人の男性の高齢者から同じ日に死について聞いてしまったもので、つい深刻になりました。
受け取ってくれないからと嘆くことはしませんが、
受け取ってくれることを期待してしまうってところが、
まだまだ修行がたりませんね。
R's Garden | URL | 2006.11.16 10:59 | Edit
顔に血の気が戻り、呼吸が楽になった。それが、事実ですよ。それでいいのではないでしょうか?

どちらが恐怖か、比べるものでもないと思います。もっとも、Seagreenさんも、そういうつもりのつぶやきではないと思うんだけどね。
ウッド | URL | 2006.11.16 09:11 | Edit
考えすぎかな。
 何に恐怖を感じるかは、人それぞれで、究極、どっちも選べないと思うし。
かえって、死でやすらぎを考える人もいると思う。
 自分と同じ病気で、自分より軽い人のほうが深刻に考えていることもあれば、重い人が、元気だったりして、その時々の一瞬で、バランスも変わるから、今、感じていることが、どうなのかは、心身のバランスでも違ってくると思う。
 自分にできることは、心身のバランスが、崩れないように、体のメンテナンスをしてあげること。
 心のバランスって目に見えない分、そのバランスをとるのは難しいけど、少なくとも、プラスをイメージさせる働きかけは、気持ちよさ、自分のために何かをしてくれる人がいること、話し相手がいることなどで、与えることができると思うし、心と体のバランスでは、体の不快な症状を和らげることで、心も軽くなる。
少なくとも、体のしんどさがやわらぐことで、心がマイナスになる人はいないと思う。
できることは、やさしくすること、話を聞くこと、マッサージをすること、アロマセラピーをすること、いろいろあるし、できることは、それ以上でも以下でもないと思う。
 それは相手があることだから、自分ひとりでは何もできないし、じぶんができることをして、相手が受け取るかどうかは、相手次第だと思います。
 そして、受け取ってもらえないからと嘆くより、受け取ってくれるのを待つ気持ちも、できることのひとつだと思います。
Comment Form
公開設定

現在の月齢

プロフィール

Seagreen

  • Author:Seagreen
  • プロフィール
    〇 性格 〇
    天然ポジティブ、楽天家で不思議な人と思われがちです。ぽーっとした人間。人と違うことが好きだけど、以外と常識人

    ○ セラピストとして 〇
    Aromatherapy Associates ロンドン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。